真・これじゃない箱2016(大)開封報告

正月休みが明け、いかがお過ごしでしょうか。

私は、遅れてやってきた福袋の中身をどう処理しようかと悩んでいるところです。

 

今年もスピンギアのこれじゃない箱の季節がやってきました!

SG1

今日はこちらの開封報告をいたします!

真・これじゃない箱リターンズ2016と銘打って発売されたこの商品。これは「これじゃない箱・大」です。

これじゃない箱を買うのは初めてで、中・大・特大・超特大とあるうちの大を選びまして、まあ小さい方かな? と思っていたのですが十分デカかった。箱がしまりきってなくて2つ繋いでるし。

 

さて、ヨーヨー人には説明不要と思いますが、そうではない人に説明しておくと、秋葉原と八王子に店舗を構えるヨーヨーショップスピンギアが、毎年正月に企画している福袋の一種です。

何が入っているのかまったく不明。時にはお宝、時には掘り出し物、しかし基本的にはお店の余り物で、非売品からゴミ(?)までなんでも入ってます。

なんだよこれ! 福袋と思って買ったのに、欲しかったのはこれじゃなーい!! と叫ぶために存在する福袋でございます。

今回は、2015年8月に初めて日本で開催されたWYYC(ヨーヨー世界大会)のときに、会場からすぐ近くのスピンギアAkiba店でワゴンセールを行ったグッズの中から、それでも売れ残った強豪たちが集結するのがコンセプトの模様。いったいどんなものが飛び出してくるのか!?

ちなみに、比較対象で置いてあるのは1月10日発売のRGウイングガンダムEWです。さっそくパチ組みしました。自立させるのが大変ですが、名キットです。

ではさっそく開封!

 

出てきたのはおたのしみ袋。

SG2

な、なるほど……そういう構造ね? ここでビビッてはいけない。

おたのしみ袋に入れてきたからには……楽しませてもらおうじゃないか……!

 

これが中身だ!!

SG3

内訳は、

フルメタル×3
メタル+プラ×4
プラ×30(くらい)
メンテナンス用品、ヨーヨーグッズ、印刷物、ジャグリング用品、その他

といったところでしょうか。

まず一番上にストリングスの束が山のようにあり、そして次から次へと出てくるヨーヨーの山、そして底から出てくる商品とは思えない何か。

なんだこれは……。これが、これじゃない箱……!?

 

それではさっそく、フルメタルから順番に詳細を見ていきましょう!

 

【フルメタル】

一番手、C3のウイニングバード

GS2

当初は特定できず謎メタルとしていたのですが、Twitterでお世話になっているかものすけさんが教えてくださいました。情報提供感謝です!

3年ほど前にアキバ店頭で大量にBグレード品が売っていたそうで、それの売れ残りか、あるいはキズ汚れが多いので店頭サンプルと目されます。

発売した2011年当時はかなり評価が高く、今でもこの肉厚リムの回転力とローエッジは通用しそうな感じです。

C3は2013年のクラウンから一気に評価が上がってヨーヨー本体もガチなのを出すようになってきた印象がありますですが、トークンや本機などこの頃の機種も特徴がハッキリしたのが多くて面白いですね!

 

YOYO.YのFireWar×2個。

GS1

2014年11月の44CLASHロゴのものです。

中央が陥没したボディに中空アクセルを採用しており、指先に金属軸のパーツを装着することで異次元の安定感を誇る新感覚トップオン「FINHOP」が楽しめるそうです。

少し興味があった機種なので嬉しいですが、肝心のFINHOPパーツは同梱されず。

 

はい! フルメタルは以上で終わり!

この時点で、お値段以上の掘り出し物はほぼ期待できなくなります。

 

 

【メタル+プラ】

謎の金属リム機種。

GS3

これはちょっと特定できませんでした……。

見た感じ、本来はキャップが装着されていたものと思われます。肉厚のリムが無骨でいい感じ。

 

インナーリム機種と、インナーハブスタック機種。

GS4

まずMAGICYOYOのD5 DARK SPRITE(蓄光)

すでに通常のクリアカラーも蓄光版も持っているのですが、これは良い機種です。操作感はクリアのものより少し重めで、投げ出しもクリアと比べてスカらないので扱いやすいです。

そして、YoYoMiracleのkuyostar×2個。片方はSGロゴです。

YOYO.Yのゴーストファイヤーのように、メタルボディの中心部分が独立して回転する珍しい機種ですね。

これはアタリ……かな?

すでにこれじゃない箱の価格以上のものは一応入っていたのですが、いまいち微妙な面子でパッとしません。

早くもこれじゃない感が立ち込めてきました。

 

 

【プラスチック】

プラ機種は新品・ジャンク含めたくさん入っていました。

まずはダンカン。

SG6

プロヨープロフライ、あとペンとシールがセットになったヨーヨーパーティーパックなるもの。

君だけのヨーヨーをデザインしよう! と書いてあり、こういう商品があるあたり、アメリカではヨーヨーがありふれた玩具として浸透しているのだなあと思います。

 

GS7

こちらは、モスキートライムライトがセットになったものと、ライムライト単品。

どちらも、ひとつ持っていて損はない良いヨーヨーですね! 特にモスキートは持っていなかったので嬉しいです。

なお新品かと思いきや、いちど開けられたブリスターパッケージに戻してあるだけだったり。

なおライムライトはどれも中のボタン電池から白い粉が出てしまっているため、復活は厳しそうです。

 

中華、ヨメガ。

SG5

Bosuのカジノチップ×3と、レイダーEXスペクトラム×2、ファイヤーボール

ちなみにレイダーEXはスペーサーがひとつも入っていない、スペクトラムは光らない、ファイヤーボールもスペーサー・ベアリングが入っていないジャンク品です。

一応、予備ボディにはなる……?

 

ファイヤーボール(ルーピングヤクザ)

GS5

これはレアい! しかも新品で7個も。

2013年EJ-B 2A部門チャンピオンである金井秀平選手とスピンギアとのコラボで作られたモデルです。

ファイヤーボールはいくつ持っていても嬉しいし、使いやすさも金井選手の監修が入ったお墨付き。

いま新品で探すのはとても難しいので、なかなかにアタリだと思います! ただこんなにいらない

 

ヘンリース、アウディ、韓国など。

SG19

ヘンリースのタイガースネーク、アウディの光るのと、アウディのオフスト機種(?)と、韓国のルーピングヨーヨーと、謎の中華プラ。

ヘンリースはバイパー系をいくつか持っていますが、この形を見るのは初めてです。

なかなか狙って手に取るものではなさそうなので、掘り出し物感はちょっとあります。

 

謎ヨーと残骸。

SG20

謎ヨーヨー、ギロロのヨーヨー、グラインドマシーン(ボディのみ)、その他機種の特定のできないボディ片側。

DIPS(スピンギアを運営する株式会社そろはむの前身)の2000年クリスマス記念キャップらしきものも入っていました。

 

その他、スピンギア謹製ヨーヨー。

SG4

ボール型ヨーヨーと、鉄最中と、あとホルダー付きのプラがひとつ。

2013JN名古屋の入場特典で鉄最中をもらい、会場でボール型ヨーヨーを買ったので、どっちも持っているのですが、このコロコロした感じは好きです。

 

 

【メンテナンス用品】

本体の紹介はもう終わってしまいました。

なので、続いてメンテナンス用品です。

まずはストリングスの束。

SG12

メーカー不明・種類不明のストリングスの束×5です。

触った感じすべて同じ種類だと思いますが、本数はいかに……。

もし100本束だとすると、500本という物量になります。

 

ところが、よく見たら仕様になかなか問題がある。

SG13

やけに太い上に、ヨリがゆるゆる。

しかもすごく柔らかい。Kストもビックリなくらい伸びます。ビヨンって。

ねじって矯正できるとかそういうレベルじゃないし、なんとストリングス全部がこんな感じ。

いっぱい入っているのを見たときは「おー!ありがたい!」と思いましたが、かなり使い道に悩む代物です。どうしよう。

 

これは……

SG7

ハイパーインフィニティの予備パーツ

ハイパーインフィニティが出たのは、たしか2011年か2012年ごろ。第3期ハイパーでバンダイが独自に開発した欠陥商品です。

片方のボディが重く、もう片方のボディに乾電池を入れることでモーターが回転する、無限に回り続けるヨーヨーとして鳴り物入りで発売したのですが。

重い、回転力が足らなすぎてトリックがこなせない、片側だけに乾電池を入れるのでメーカーごとに微妙に差がある乾電池の重さによっては傾く、というトンデモ商品でした。

いまでも本体を持っていますが、ギアと糸を交換する日はこないでしょう……。

右のは、謎メーカーのコットン100ストリングスです。ハイパーヨーヨーの交換ストリングスのように、台紙に巻いてあります。

 

ホルダー、ストリングカッターなど。

SG8

ダンカンのカラビナ付きヨーヨーホルダー、99年ハイパーのベアリングケース、美容ハサミ。たぶんストリングス用。

 

さてさて、まともなのはここまでです。

既にまともじゃない気もしますが、辛うじてまともだったのもここまでです。

ここから先はもう、ヨーヨーグッズっぽい何かとヨーヨー関係ないものしかありません。

最後までどんどん放出していきます。

 

まずは、お約束のターミネーターステッカー。

SG14

やっぱりこれが入ってないと始まらない!

これじゃない箱といえばターミネーターステッカーみたいな部分ありますからね!

何枚あったかは数えていません! いっぱい入ってました!

ところで、2~3年くらい前に「ターミネーターステッカー配り過ぎて在庫がなくなりそう」的なことを言っていたような。気のせいかも知れない。

向こう10年くらいはまだまだいけそうですね!

 

ダンカンのTシャツ。

SG15

バタフライモチーフでしょうか。ヨーヨーと比べて、かなり攻めたデザインです。

サイズはレディースM。私は無理ですが、嫁にピッタリです。

色といい柄といいサイズといい、これはスピンギアから私たちへの結婚祝いと見てまず間違いないでしょう。

ぼく「着る?」

嫁「着ない」

着ないそうです。

 

印刷物などなど。

SG16

2015年8月の世界大会のチラシが何枚か入っていました。これは貴重。

あとは、第3期ハイパーのコロコロ付録?っぽい冊子と、火力少年王の冊子と、07年のアウディのカタログ。

 

ジャグリング用品。

SG17

まずダンカンのジャグリング用クラブ。しかも1本。

最低でも2本は必要なので、これじゃない度は高めです。飾っておくか……。

さらに、バンダイのベアリング内蔵縄跳びJ ROPE(ジェイロープ)」。

1999年に発売されたもので、発売当時のコロコロにちょこっと特集が載っていたような覚えがあります。

そして、真ん中のは「Boing Magic Light Ball」と書かれているもの。

ボールの中央のスイッチを押すと光り、押すごとに色が8回変わって、9回で点滅、10回で消灯。

 

光らせてみました。

SG21

……なるほど。

用途は、手品、ショー、ジャグリング、ゲームと書いてありますが、使い道に悩みます。

 

未組み立てのパッケージ。

SG11

yoyofactory、YOYOJAMの未組み立てパッケージ。結構あります。

ジャムはつい先月、2015年12月で事業を終了してしまったので、このパッケージは今後生産されないレアものと言えばレアものですが……使い道やいかに。

下の黒い紙の束は、箱の中に入れてヨーヨーを固定する台紙と思われます。折っても箱にはなりませんでした。YYEと書いてあるので、ヨーヨーエンパイア?

 

パッケージに貼って陳列棚に吊るやつ。

SG18

うーん、これは……。

小売店にとっては大事なアイテムかもしれませんが、うちでは使い道がありません……。

しかもこいつ、台紙から簡単に剥がれる上にかなり粘着力が強くてですね。

箱の中で結構な枚数が剥がれて、ヨーヨーからなかなか取れなかったり、複数のターミネーターステッカーやチラシをダメにするなど、輸送中にこれじゃない度をさらに高めるのに一役買っていました。

 

ゴミ。

SG9

ヨーヨーが入っていたと思われるパッケージ。

これはゴミ。

 

 

以上です!

 

初めてのこれじゃない箱でしたが、とても楽しませていただきました。

大量のプラといい、大量の謎ストリングスといい、ジャグリング系といい、9割以上が普段の買い物ではまず手に取らないものばかりでした。

一部のヨーヨーは店頭での売値が分かっており、価格設定的にはまず元は取れていると考えていいのですが、お買い得感はあまりないですね笑

 

総評:欲しかったのはこれじゃなーい!!

 

それでは、スピンギアさん、ヨーヨー人の皆さん!

今年もよろしくお願いいたします!!

真・これじゃない箱2016(大)開封報告」への2件のフィードバック

  1. 最後の写真の右側のはヨーヨーのケース(もともと空で、自分で好きなヨーヨーを飾るもの)なので、ゴミじゃないですー。

    以前スピンギアで販売していたのですが、商品一覧から削除されてしまったようですね。

    「ヨーヨー ブロック ケース」で画像検索すると、写真が出てきますよ(^^)

    • 返信が遅くなってしまってすみません!
      ホントですね、こんな商品があったとは……。
      レゴブロック型になっていて何段も積んで飾れるのは面白いですねー!
      せっかくなのでお気に入りの機種を入れておこうと思いますb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。