2015年全日本ヨーヨー選手権大会レポート

こんにちは!

GWいかがお過ごしでしょうか?

木曜になっても、木・金と行けばまた土日です! ワオ!

 

5月2日(土)~3日(日)に、ベルサール秋葉原で「2015年全日本ヨーヨー選手権大会」が開催されました!

JN0

またの名をジャパンナショナルヨーヨーコンテストといい、通称JN。以下JNとします。

今回は、昨年以上に盛り上がりました! もう凄かったんですよー!

 

入り口の様子は、こんな感じ。

JN10JN11

外からと、中からの様子。

「あー、あそこか!」と思った人も多いかと思います。

電気街口を出てすぐの交差点の、ソフマップの向かいにあるガラス張りの建物です。

バンダイの魂フィーチャーズほか、よく車やファッションの展示イベントなどをやっているのを見かけます。

1階の開放スペースは出入り自由の物販ブースで、2階のホールで競技が開催されていました。観戦は有料。

 

昨年も同じベルサール秋葉原だったのですが、競技が2階で、物販が地下1階という、外から見ると何やってるのか全然分からない感じでした。

しかし今回は、歩道からシームレスの1階ホールを解放して、さらに交差点に向かって設置されたステージでヨーヨーパフォーマンスが行われたり、ギターの生演奏やダンスが繰り広げられたりして、集客力は500%増しくらいだったと思います!

ステージで拍手が起こっているとやっぱり立ち止まりますし、そこで興味を持って物販まで入ってきてくれる人も多かったです。

 

さてさて!

今回も例年以上にレベルの高い演技が繰り広げられていて、二日目の決勝は昨年に引き続きニコ生の公式番組で放送されました。

結果も、あの人がついに優勝! とか、あの人が1位じゃないの!? とか、驚きと興奮の連続なのですが、その辺の順位などはREWINDブログスピンギアブログを見ていただくとして。

私は二日間ともシュトルム・パンツァーの物販ブースのスタッフをしていたので、主にそのブースの模様を写真と一緒に紹介したいと思います。

 

JN14

ブースでは新製品のステルスオーガMK-II新1巻、D-スターターの新色の先行販売が行われたほか、シュナイダーブレードアタックモード、旧ステルスオーガの最終在庫の売り切りなども行われました。

中でも、色ムラやキズなどが原因で格安で放出されたアウトレット品は大好評で、初日はカゴに二段積んでいたものが空に、二日目も補充したものが半分以上売れました。

D-スターターは、現在リワインドでパープルとブルーが好評販売中、ステルスオーガMK-IIは近日発売予定です。

ちなみに、後ろのテーブルの上にあるのはゾイドの展示です。こちらは後で詳しく紹介します。

 

一日目には、シュトルム・パンツァーストーリーブックで挿絵を担当している亜美寿真先生(←リンク先:pixiv)がいらっしゃり、販売にも力を入れてくださっていました。

昨年のリワインドTVのシュトパン特集に登場したほか、今回のスポンサーステージにも登壇していたので、ご覧になった方も多いかと思います。

とてもきれいな方で、ヨーヨー自体は初心者だったのですが、会場でスリープからブレインツイスター、バインド、さらにスパイダーベイビーを覚えて帰っていきました。絶対に素質あります。

 

新商品の参考出品もありました!

 

まず、SY-001 ステルスオーガMK-II

JN15

絶版になった旧ステルスオーガと1巻の代わりに、新1巻とともに現行ステルスオーガとして近日発売予定です。

旧ステルスオーガと同じく真鍮リムなのですが、通常版と、金属臭や酸化などの難点を克服したゴールドメッキ版があります。

ゴールドメッキ版はJN会場限定ということでしたが、何個か売れ残ったので、メーカー直販あたりで後日販売されるかも??

 

RY-007 YUKIKO

JN16

これは昨年のJNのスポンサーステージでも名前が出ていたのですが、今年は試作品まで出来上がっていました。

金属ボディにデルリンボディを合体??

第7巻とともに、夏ごろ発売予定。

 

WT-008 PAKFA

JN17

まだ詳細不明。8巻と同時にリリース予定でしょうか。

アンダーサイズのバイメタルで、形状はステルスオーガに非常によく似ています。

待て、続報!!

 

D-ファランクス

JN18

その名の通り、丹菊接骨院薄野氏が設計・開発した「ファランクス」が、なんとDサイズ版になってシュトパン機種に。

ナンバリングが無いので、これもD-スターター同様に番外としてリリース予定!? 待て、続報!

ちなみに、薄野氏は発売中のD-スターターの設計も担当しております。

 

それと好評だった、モルガの販売

morga

シュトパンの元帥が、『ゾイド -ZOIDS-』第7話「レッドリバーの戦い」のモルガ80機部隊を再現しようとして途中で断念した私物。

一日目に15機くらい持ち込まれたのですが、売れに売れて、最終的に1機しか残りませんでした。

 

二日目のゾイド物販はガイサック。

JN9

モルガが予想外に売れ残らなかったことを受けて、翌日補充されました。

ゾイド1話の冒頭で印象的な登場を果たしたほか、シリーズを通してザコ敵としてよく出てきました。

この写真を2015JNや秋葉原のタグを付けてツイートしていたら15RTくらいされて、ゾイド好きの方の目に留まり、ヨーヨー知らないけどゾイドだけ買いに来たという人がいました。

 

さて、先ほどの二列目のテーブルのゾイド展示コーナーですが。

ヨーヨーの会場にゾイドってどうよ、という意見が多いかと思いきや、意外と一定の人気を保っていました。

JN12JN13

「こんなところでゾイドが見られるとは思わなかったです!」という人もいたし、通りがかって非常に興味を持ってくれた外国人の方も多かったですね。

途中で「撮影OK!」のポップを置いてからは、皆さんふらっと寄ってきてはパシャパシャ撮っていらっしゃいました。

 

以下、一機ずつ簡単に紹介します。

 

昭和版シールドライガー

JN4

2013年11月の大阪ヨーヨーフェアでも、2014年5月のJNでも、なんだかんだ毎回いる『メカ生体ゾイド』版のシールドライガー。

 

ブレードライガー

JN3

アニメ版の主人公機。ジークフィギュアもいるぞ!

 

コマンドウルフ

JN6

彩色済みアーバインフィギュアが搭乗しているバージョン。

 

ゴジュラス・ジ・オーガ

JN7

 

バーサークフューラー

JN2

 

ダークホーン

JN8

 

ヘビーアームズケーニッヒウルフ

JN5

 

デスザウラー

JN1

一日目の好評を受け、二日目に追加されました。背が高いのでよく目立ちます。

さらに大好評で、写真撮られまくってました。

 

アイアンコングPK

iron

ちゃんとハイマニューバスラスターまで装備していたのに、一日目の昼ごろに脚部が破損してしまい退場。残念……。

 

そんなこんなで、シュトルム・パンツァーは今年も好評でした!

二日目はさすがに決勝戦ということで物販を見にくる人は少なめでしたが、一日目は本当に人が途切れないくらい大勢の方がブースを訪れてきてくださいました。ありがとうございます!

来年のJNは大阪らしいという話が濃厚で、スタッフの大部分が東京のシュトパンがその際にまた物販ブースを出すかは分かりませんが、またイベントで出す機会がありましたら、よろしくお願い致します。

 

個人的な話。

一日目の会場で一眼カメラのアイカップを紛失してしまい、アキバヨドバシまで走って買ってきたのですが。

icup

 

家に帰ったら床に落ちてた。

icup2

会場で落としたのではなく、家で落としてから会場へ行っていたのですね。トホホ……。

とはいえ失くしやすい部分ではあるので、予備を用意できてよかったと思いましょう……!

 

一日目で破損してしまっていたホーミングブースターを、夜遅く帰ってから補修。

booster

二日目に持って行くの忘れました。

赤いウイングの一枚を固定していた軸が折れてしまい、さらにデカールまで剥がれてしまいまして。

なので、1時半ごろまでかかって真鍮線でウイングを補修し、デカールも新しく貼りなおしたのですが、まさかの入れ忘れ。

いままでで一番きれいにデカールが貼れて喜んでいただけにショックでかいです。

次回の展示イベントで持って行きます……。次回っていつだ……。

 

はい! というわけで!

ご来場の方々はもちろん、選手の皆様も、メーカーの方々も、そして運営の方々も、本当にお疲れ様でした!!

選手の皆さんは、次は8月の世界大会ですね。同じベルサール秋葉原で、5日間も開催されます。

日本での開催は初めてなので、いまから興奮が収まりません!

私は全日程参加するのは難しそうですが、必ず行きますよー!

 

ではでは!!

2015年全日本ヨーヨー選手権大会レポート」への2件のフィードバック

  1. まず、名前は間違いではありません。一つ歳をとりましたのよ。 その売れ残ったモルガ、おいらに売ってくれーい。

    • 45さんになりましたね! 改めてよろしくお願いします。
      売れ残った1機は参加者のペットになってしまいました……!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。