はじめての確定申告!!

どうも、こんばんは! サダスキーです。

もう3月になりましたね! なってしまいましたね!

1月は4回しか更新しなかったから2月はもっと頻繁に、って言った気するんですが2回ってんほおぉぉッ!!(椅子から転げ落ちる)

しかしとにかく、3月になってしまったものは仕方ありません。近ごろ私、春の訪れの実感を禁じ得ない毎日であります。

気温が2週間くらい前から、暖かかったり寒かったりを繰り返していて、三寒四温をビシビシ感じます。

朝晩はまだ寒いですが、2月のように氷点下を示すことはなくなったので、過ごしやすいです!

我が世の春は近い!! HGCCでターンX出してください!!

 

さて。

先日、人生初めての確定申告を済ませてきました! もう2週間も前なんですけど!

2月19日(木)で、この日は午後から礼拝堂で歌の本番があったため会社を休んでおり、午前中に税務署へ行きました。

ネット申告にもICカードリーダーを買わないといけなかったり、電子所得証明書を発行してもらわないといけなかったり、青色? 白色? とか、調べれば調べるほど複雑そうで憂鬱になってしまって。

どうせ税金が戻ってくるっていっても2~3万円くらいでしょーこんなに面倒なら最悪やらなくても……。

とまで思っていたのですが、とにかく源泉徴収票とか年金・健康保険の領収証とか必要なものを全部持って税務署へ行ったところ、30分足らずで全部終わりました

過払いと認められ還付された税金は、14万3000円以上でした。払い過ぎィ!

 

まず、確定申告の必要性についておさらいしましょう。今日から就活を始めている大学3年生諸君も、覚えておくとよいです。

正社員の場合、月給から厚生年金、保険、交通費などを引いた上で、残った金額に課せられた所得税を引かれて「手取り」として支給されます。

が、フリーランスの場合は、まず報酬から所得税をごそっと引かれます。

それで残った金額から国民年金、国民健康保険、交通費および諸経費などを支払うのですが、これらはすべて「非課税」なのです。

なので、確定申告をすることで、「報酬-(報酬×所得税)」-「年金+健康保険+経費」だったところを、「{報酬-(年金+健康保険+経費)}-(残った金額×所得税)」というように、順番を入れ替えないといけないのです。中カッコなんて使ったのいつ以来でしょうか。

私も今回勉強するまで知らなかったのですが、概ねこんな感じです。OKですね?

 

確定申告は12月締めのため、去年の4月から働き始めた私は、4~12月の9ヵ月間が対象となります。

9ヵ月間で……14万円以上……?

いや、月に30万とか40万とか稼いでいるならまだしも、これじゃほとんど私の1ヵ月分の収入と同じですよ!

やけに足りないと思ったんだよなあ。足りないわけだよなあ。

この還付金は、書類提出からおよそ3週間後に振り込まれるそうです。まだ入金されていませんが、そろそろですね。

とにかく、これで3月までに年金と交通費のために22万円を貯めておかねばならないミッションは、クリアされました。

今月の報酬からもいくらか貯金に回す予定ですが、もともとは今月も貯金ゼロでとにかく年金の分を避けなければ! というカツカツ状態だったので、一気に気が楽になりましたよ……。

これで気兼ねなくウイングガンダムゼロ炎が買えるぞ……(クズ)。

 

さて、今回の流れですが。

まず先々週の木曜の朝に、自転車で税務署へ行きました。

8時半から開くので8時20分ごろに着くようにしたのですが、すでに数十人は並んでいました……。

8時半に開署、相談テーブルに一人ずつ配置されて、相談開始は9時から。それまでに必要書類を書きます。

入試のときのような、周りの人が全員敵に見えるこの感じ。大丈夫、みんな仲間だよ。と自分に言い聞かせつつも変な汗と速まる鼓動は抑えきれず、とにかく初めて来たし何をどうするかも分からないので、書類を睨みつつぼーっと突っ立っていました。

隣の人が特撮好きorガンダム好きとかだったら、待っている間に話ができて緊張も解れたんですけどね。当然そんなこともなく。

いや、特撮好きorガンダム好きだったかも知れませんが! 話しかけていないので分からないです!

 

9時ごろ、一斉に相談とPC手続きが開始。ここからはもう、トントン拍子でした。

まず立ったまま使う小さなテーブルが50卓あり、そこで書類を書くのですが、そこに税務署の職員が2卓に1人で計25人くらい配置されます。

それが終わったら奥のPCコーナーでデータを打ち込みますが、なんとPCも50台用意されていて、そこにも2台に1人の職員。

来所している確定申告マンたちを、同時に100人くらい相手にする体制が整っていました。向こうも本気です。

なので、めちゃくちゃ混んではいましたが、待ち時間はほぼありませんでした。

9時から始まって、9時30分にはもう税務署を出ていました。

 

私が持って行った書類は、まず4~12月の分の源泉徴収票。これは1月末ごろ、何も言わなくても会社から勝手に届きました。

それと、自分で保管していた、2014年の分の国民年金の領収証国民健康保険の領収証

あと、交通費の領収証(半年定期券×2)と、仕事で使うためにという名目で新しく購入したタブレットPCの領収証。以上です。

これらを持って、「初めてで何も分からないんです。必要な資料はこれで全部そろってるはずです」と言っていたら、職員が全部やってくれました

 

去年の通勤で支払った交通費と、新しく買ったPCは「必要経費」として認められ、これが合計30万円くらいだったのですが、私の収入を鑑みるに、一定以下の年収で年間にかかった経費が65万円以下の場合は、65万円かかったことに出来る制度があるらしく、そういうことにしてもらいました。

詳しいことはよく分からなかったのですが、青色申告について調べているときに、65万円という数字は何度か見た覚えがあります。これのことだったのかな?

なので、私が受け取った報酬のうち、65万円が非課税分となりました。

それと年金が15万円くらいと、健康保険が3万円くらいですね。

これらが非課税となり、所得税として徴収されすぎていた分が14万3000円以上戻ってきた、というわけです。めでたしめでたし!

 

それにしても、こんなにぼったくられていたとは……。

最初に所得税を引かれて、残ったお金から年金やら何やら払わないといけないので、仕方ない部分はあるんですけど、それにしても取りすぎでしょう。

けれど、とにかく早い段階で確定申告が終わって、気分はとってもハッピーです。

吉祥寺の商店街を歩いていると「確定申告がまだの人!」という音声が流れ、電車の車内モニタやウェブサイトを見ていても、最近は確定申告の広告ばかりです。

そういうのを見ていると、終わった身としては、ちょっとムフフってしてしまいますね。

それもこれも、すべて彼女さんのお陰です。言われなければ自分と関係ある手続きだということすら気付かなかったので……。

母も「どう考えても税金払い過ぎだから、確定申告しないといけないんじゃないかなと思ってた」と後から言っていましたが、じゃあ早く言ってよ!

 

しかしこんなに予想外に大金が戻ってくるとなると、何か買いたくなってしまいますね。

もしくは、確定申告に気付かせてくれた彼女に、何か買ってあげたくなりますね。

個人的には、一番の注目アイテムはこれなのですが!

煙を出さず自宅でも約30分で燻製が作り放題の伊賀焼土鍋「いぶしぎん」を使ってみた – GIGAZINE

創業1832年の老舗メーカーが作っているという、ガスコンロで煙をほとんど出さずに燻製が作れる小型の土鍋。

どちらかというと、私が欲しいんですけど。溶けないように気をつければスモチも作れるらしいです。

中サイズで1万円なら、全然余裕っすね(気が大きくなっている)。

 

確定申告をすれば、自宅で燻製肉や燻製魚介、スモークチーズも楽々作れるようになります。

みんなもやろう、確定申告!

 

来年どうするかですが、思っていた以上に素早く終わることも分かったので、午前休だけもらって朝一で税務署へ行くことにしようかと思っています。

e-Taxという手段でネット申告するのも、一度手続きすれば後は楽だと聞きましたが、やっぱり難しそうなのでしばらく保留……。

住基カードに電子所得証明書、ICカードリーダの購入必須、厚生省のサイトから2つも3つもソフトをインストールしないといけないって、わざと複雑にしてない?? と思ってしまうほど面倒くさそうです。なので、来年も税務署へ足を運ぶ予定です。

 

なお、確定申告したことを隣の席の社員さんに話したところ

「そんなに戻ってくるんですね! まあフリーにとって確定申告の還付金は、ボーナスみたいなものですからね~」

と言われましたが、私は騙されませんよ。

もともと俺のでしょそれ!!

 

ではでは!!

はじめての確定申告!!」への4件のフィードバック

  1. 確定申告して、結構戻ってきてよかったね。
    フリーというと聞こえはいいが、結構大変だものね。

    さて、この頃のサダスキーはパチ組が多い。それも
    結構だが、結局、ネオ・ジオングはどうなったんだい? ( ゚ω゚ ) 

    ときに、2月末から「機動戦士ガンダム THE ORIGIN1」が公開されているが、観に行く予定はあるかい?
    俺は行かないよ。だって、UC ep7の余韻をぶち壊された予告だったし(苦笑)、少年時代のキャスバルのCVがルフィでは…orz  
    作画を見ると、安彦さんがずいぶん前に手掛けた「巨神ゴーグ」の悠宇そのまんま。おまけにCVも同じΣ(゚д゚;)ドヒャー

    そうそう、五分咲き日記ではUC ep7のサダスキーなりのレビューが曖昧なままだったから、この際聞いておきたいな~~~

    • お返事が遅くなってしまってすみません!
      PCもあまり触れない状況でした……orz

      ネオ・ジオングはあれからまるっきり進んでいません。
      どちらにしろ冬は塗装が難しいので、春になったらやろうと思っていたら春になってしまいました。が、土曜も日曜も用事が詰まっていたりで、平日は仕事行って帰ったら寝るだけで、どうにもならなくなってきてしまいました……。
      どこかで時間を作ろうとは思っているのですが、どこかってどこだ!?

      THE ORIGINは観に行こうと思っていたのですが、行く時間が確保できないまま終わってしまいましたorz
      ep7終了後に予告入れてきたのは酷かったですが、ORIGIN自体の出来はかなり良いそうです。

      ep7は、主にオカルトに走り過ぎてしまったという点で賛否両論で、私も最初は否定的でしたが、最近はあれで良いと思えるようになってきました。
      12月末に発売した『機動戦士ガンダムUC 証言集』の中で、原作者の福井氏がニュータイプ論を展開しており、それを読むと、初代~逆シャアのニュータイプについては福井市の私論に過ぎないとしても、UCの生みの親が言っていることなので、それをUCに当てはめて考えることはできるのだ、と思いました。
      UCには触れていないのですが、初代~逆シャアを対象としたニュータイプ論には非常に説得力があり、これはもしかして、富野が明言していない部分もすべて言い当ててしまっているのではないか……? と思うほどです。
      それらも読んだ上で改めて観たところ、ep7は最高傑作だと思いました。
      音楽はいつにも増して素晴らしいし、演出もあれくらいぶっ飛んでいれば何の文句もありません。
      4月24日には『FILM&LIVE』のBDも出るので、まだまだUC熱は冷めません!

  2. 「ボーナスみたいなもの」って、別に文字通りボーナスってわけじゃなくて時期的なものを言ってるんじゃないかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。