Dサイズ用ベアリングリムーバー

こんばんは!

今日はヨーヨーアイテムの紹介をしますよ!

 

Dサイズ(HSPINサイズ)のベアリングが外せなくて困ったことはありますか?

というよりは、リムーバーで内輪から外したい! と思ったことはありますか? ですね。
私は常日頃から思っていました!

ペンチやプライヤーを使えばたいてい外れますが、中の金属ボールと、それを受ける溝に大きな負担をかけるため、最悪ベアリングの破損につながります。

フルメタルヨーヨーにおいて非常に普及率の高いCサイズは、リムーバーがYYFやスピンギアなどから色々出ていますが、しかしDサイズはありません。

日本で馴染のあるDサイズの機種としては、旧YYRのフラグメント、YYJKRのクロスロードDストライダー、シュトパンのレオスナイパーMk-2あたりでしょうか。

あまり種類は多くありませんが、どれもガチ機種ばかりです。
それだけに、ダブルストレートやコンケイブを入れて使う人が多いと思うのですが、高価で、Cサイズと比べてさらに部品が小さなベアリングをペンチやプライヤーで引き抜くのは危険です。

そこで今回、良い商品を見つけたのでご紹介します!

 

ベッセル 精密ナットドライバー 対辺3.0mm [TD-52 H3.0] 362円(税込)

bear2

ドライバーやレンチなどを数多く製造しているベッセルの、ナット回しです。
東急ハンズで購入しましたが、普通のホームセンターにもあると思います。

対辺3.0mmの六角ナット用ですが、注目すべきは棒の外径。

Dサイズの内径とまったく同じ5.0mmなのです。

なので、これをそのままリムーバーとして使用することが可能です!

 

全体像はこんな感じ。

bear4

グリップがついていて持ちやすいです。
手の平に当たる部分が樹脂製でクルクル回転して使いやすい、と書いてありましたが、残念ながら今回はナットは回しません。

 

これを、こう。

bear3

 

で、こうですね!

bear1

 

Cサイズのリムーバーを使うときと同じで、内輪に差し込んで、ガコガコと傾けるように動かします。

内輪とピッタリ同じ直径なので、隙間なく、かといって固くて抜けなくなってしまうこともなく、奥まで本当にピッタリ入ります。

ミニ四駆のタイヤなどにベアリングを押し付けて鍛える際の軸としても、役割を果たしてくれることでしょう。

 

なお、アクセルが付いていない方のボディでしか使えません。

このように、アクセル側にベアリングが残ってしまった場合は。

bear5

この場合は、アクセルを取り外すか、外せない場合はペンチでベアリングを取るしかありません。

ベアリングの内輪とアクセルの間にほとんど隙間がないので、穴のある金属棒をここに入れるのは恐らく無理です。

一応、ハンズに直径5mm・厚0.5mmのステンレスパイプなども売っていますが、軸径4mmのM4アクセルなら、差し込めたところで完全にピッタリ。垂直に抜き差しができるだけで、傾けるように動かすことはできません。

アクセルがこれ以上細い機種もそう無いと思うので、アクセル付き対応のリムーバーは諦めましょう。

Dサイズにリムーバーが無いのは、このように使えるシチュエーションが限定されることも原因なのかも知れませんね。

対策としては、アクセルが固定されている側のベアリングロックを紙やすりなどで少し削ることで、そっちのボディに残りにくくすることが可能です。加減には注意しましょう。

 

ナット回し部のアップ。

bear6

直径5mmの棒で、中の六角形が対辺3mmなので、壁が最も厚い部分で1mm
けれど、強度はまったく心配ない感触でした。

材質はステンレスとだけ書いてあって種類までは分からなかったのですが、ナット回しという製品の特性上、そう簡単に削れたり曲がったりはしないはず。

丈夫で、きわめて精度の高い5mm金属棒として活用することができます。

ただし工業製品であるため、わずかな個体差は存在すると思います。
それはベアリング側も同じなのですが、径が0.1mmでも食い違えばまったく事情が変わってしまいます。

なので、店頭にベアリングを持って行って実際にチェックしてから買った方がいいかもですね。

この商品はドライバー部分がパッケージから露出しているため、触って確認ができます。

お店の棚で、持参したネジやナットを当てて確かめている人は珍しくないので、堂々とチェックして大丈夫です。ベアリングはあまりいないと思いますが笑

 

ちなみに、ダンカンサイズと呼ばれるAサイズの内径も同じ5.0mmなので、Aサイズリムーバーにもなります。

Aサイズのフルメタルとなるとなおさら少ないですが、ちょっと一石二鳥感あります。

 

以上、簡易Dサイズ用リムーバーでした!

本体の長さはありますが、とても力を入れやすく使い勝手が良くて、とにかく安い!
売っているところも多いと思うので、探してみてはいかがでしょうか!

実は最初は、自分でリムーバーを作ろうと思って、ステンレス丸棒を探して東急ハンズをうろついていたのです。
店内で好みの長さにカットしてくれるから、5cmに切って使おうーって。

それで、目当ての丸棒を見つけて、手に持って店内を歩き回っているときに工具コーナーでたまたま見つけたのがこれでした。丸棒はそっと戻されたのだった。

このシリーズでCサイズ用のも欲しい! と思ったのですが、あちらは内径が1/4インチ(約6.35mm)と日本標準のサイズではありません。

SG謹製リムーバーはYYFマルチツールよりは使いやすいけど、若干太いのか、差し込みが浅くて下手するとガッツリ嵌っちゃうから……。

もし良いのがあったら、教えてください!

 

ではでは!

Dサイズ用ベアリングリムーバー」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Dサイズベアリングのリムーバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。